• ダビデペンソ ムラノグラスジュエリー

    Davide Penso

  • Davide Penso

    ダビデ ペンソは1965年にイタリア ヴェネツィアで生まれました。彼はムラノ島の自分のアトリエで活動を続けています。彼は大学卒業後2年間 スチル写真の研究に専念し、19'92年にはアトリエを開きガラス製作を始まました。彼独自のガラスデザインと製作方法により、彼は当初からでコンテンポラリーで革新的なスタイルのガラスジュエリーを作り出してきました。彼の作品の成功は、国際的なコレクションや個展(サンマルクの市民ミュージアム・コレクター、フォーチュン、ヴェネツィアのグッゲンハイム、コーニング・ミュージアム・ニューヨーク、サンクトペテルブルグのガラス博物館、日本の

    岡部ガラス美術館)や Venini、Giorgio Vigna、Nason&Moretti、Pelikanなど錚々たるブランドとのコラボレーションからも伺いし知ることが出来ます。ファッションの分野でも彼の作品を有名ブランドがコレクションで使用しています。

    彼は2001年から、ムラノのAbate Zanetti School of Glassと共同してランプワーキングとジュエリーデザインを教えています。そして、2007年からはボストンカレッジ・ビジュアルアートスクール、コーニング・ミュージアムスタジオ ニューヨーク、ガラス炉 イスタンブール、ヌータヤルヴィガラスビレッジ フィンランドのサポートも行っています。

  • Davide Penso Collection

    anjelica

    doppiconi

    daniela

    ARTIGLI

    primitive

    PERLA SOFFIATA